【30代男性向け】異世界・転生系漫画 ランキング

1位

幼女戦記

amazonプライム・ビデオ

あらすじ

性格の歪みまくった日本のサラリーマンが首を言い渡した同僚から恨みを買って電車の線路に突き落とされて、死ぬ。
そして、神と自称する存在Xという存在が主人公の前に現れるそして、幼女に転生させられて、さらに転生した世界は、戦乱の世であった。
神の存在を信じない無神論者の主人公が、神を自称する存在Xにたいして、徹底的に抗いながら生き抜き平和な地で優雅に暮らすことを夢みる物語です。

感想

日本のサラリーマンが戦争という全く前世の経験で無いことにたいして、幼女の姿ながら冷静かつ狡猾にそして、冷酷に敵を倒していく姿がギャップで面白くそして、斬新さを感じる作品だと思います。
そして、神に抗う姿に逞しさを感じられるところが作品の魅力の一つだと思います。

感想

第2の要素は、戦争という過酷な環境にさらされた主人公に与えられた環境が前世の歪んだ性格を少しづつ矯正していき主人公の心持ちが微量ながら変わっていく姿もこの作品の見どころだと思います。
そして、ほんの少し仲間に配慮できるように成長していく姿も魅力の一つだと思います。

感想

第3の魅力は、存在Xが主人公にたいして、神の存在を信じるように主人公に特別な力を与えてみたりもっと過酷な試練を与えたりする神の遊びとも思える行為を主人公に与えてそれを見事に打ち破る主人公の姿がとても面白い作品だと思います。

2位

盾の勇者の成り上がり

amazonプライム・ビデオ
アニメ25話を月額500円で全話一気に見よう!!(※)

あらすじ

平凡な大学生だった岩谷尚文が、図書館で4勇者について書かれた本を開いた瞬間、異世界より召喚されてしまうところから始まります。尚文は4勇者の中でも最弱の盾の勇者として転生します。
国王から、魔物が現れる波から世界を守るように命じられます。その際組んだパーティの中のマインのハニートラップに引っ掛かり、無実の罪を着せられてしまい、有罪判決が下されてしまいます。
名誉も金銭も何も無くなってしまった尚文が、新しく出会った奴隷のラフタリアと共に成り上がりを目指す物語です。

感想

裏切られて何もかも失った状態でのスタートなので、よくある異世界系、転生系のような、主人公が最初から強くてチヤホヤされる作品ではないことが特徴です。
都合の良いことなど起きず、地道にコツコツレベル上げをし、金銭を稼いでいきます。
そのような苦労をしながら、主人公が成り上がっていく様は感動すら覚えます。

感想

裏切られたことにより性格が変わってしまい、悪いことならなんでもやり、生きるために手段を選ばない主人公になってしまいます。
しかし、奴隷であるラフタリアとの出会いから徐々に変わっていきます。
ラフタリアを通じて、認知の変化、という難しい表現をアニメで実現しており、終盤の闘技場でのシーンは必見です。

感想

終盤からは本格的なバトルが連続で続きます。
常に緊張感があって、ダークな世界観が好きな方なら楽しめると思います。主人公は盾しかなく、ほぼ攻撃が出来ないので常に考えながら戦闘します。作画も良くスピーディな戦闘は、バリエーションも多く最後まで飽きないです。

3位

とんでもスキルで異世界放浪メシ

あらすじ

主人公の27歳独身サラリーマンの向田剛志はとある異世界の勇者召喚に巻き込まれてしまい、本来なら3人召喚されるはずが向田は4人目の『巻き込まれ勇者』として召喚されてしまいます。
固有スキルも戦闘スキルではなく『ネットスーパー』というスキルのみ。
そして向田は召喚された国の王様が胡散臭く感じ、『私は勇者ではありませんし、こちらにいては皆さまご迷惑をかけるだけです』と言い召喚された勇者たちと別れ、ひとりで異世界を旅することになります。
固有スキルの『ネットスーパー』は現代のネットショッピングと同じように異世界のお金を使うことで現代の商品を召喚(購入)することができ、そのスキルを使い、現代の料理を異世界の人に振舞いながら旅をするストーリーです。

感想

個人的にはこの漫画を読んでいて一番の魅力と感じているのが、『異世界の人たちに現代の料理を食べさせた時のリアクション』が面白いところです。
料理系の漫画でも同じですが『食べた相手がおいしそうに食べていると』読んでいるこちらも嬉しくなってしまいます。

感想

『登場する女性キャラクターが可愛い&美しい』ところです。
少し言葉にして伝えるのが難しいですが、よくある漫画の美少女ではなく『日本人風な顔立ちではなく異世界(海外風)の顔立ち』なところです。
物語上で『説明が面倒くさい受付嬢』が出てくるのですがその人のすごく嫌そうな顔が個人的に好きです。

感想

語上でさまざまな獣魔を仲間にしていくのですが、その獣魔がかっこいい&可愛いところです。
スライムなんかも、よく雑魚キャラされている感じの魔獣ではなく『めちゃめちゃ可愛いペット』みたいな感じに描かれているので、見ていてほのぼのします。

4位

オーバーロード

amazonプライム・ビデオ
アニメ13話を月額500円で全話一気に見よう!!(※)

あらすじ

かつて人気を誇ったオンラインゲーム、VRMMO「ユグドラシル」のヘビープレイヤーであった主人公。
ゲーム内屈指の強豪ギルドに所属し、数多くの勲章、レアアイテムを手に入れてきたが、人気の陰りと共に仲間たちも「ユグドラシル」から離れていった。
そしてついに「ユグドラシル」もついにサービス終了の時がきた。サービス終了当日に「ユグドラシル」にログインした主人公は、かつてのギルド仲間たちを待つ。
しかし誰も現れず無情にもサービス終了のカウントダウンが始まる。
カウントダウンが終われば強制ログアウトが待つのみ。しかしカウントダウンが終わっても強制ログアウトは起きず。さらに意思を持たないはずのNPCたちが喋りかけてきて・・・!?

感想

主人公はどこにでもいるサラリーマンです。
「ユグドラシル」というオンラインゲームの世界に強い愛着があり、ゲーム内では「強者」である主人公。
味方のNPCたちも「ユグドラシル内」で鍛え上げただけあって、様々な敵に対しても基本は「無双」状態。「俺TUEEEEEE」が存分に楽しめます。
一方で主人公は自身の作ったキャラクタである「アインズ」というアンデッドの王になり切ってしまい、人間的な感情を徐々に失っていきますが、一方でかつてのギルド仲間たちとの絆は忘れておらず、ギルド仲間たちもまたこの世界に迷い込んでいるのではないかと考えて探し続けます。
人間の感情を失いかけアンデッドの王として人間を使役、あるいは殺したりしながら、でもどこかで人間臭さが残る。そんな主人公「アインズ」様の心情が面白いです。

感想

アインズ様は突然迷い込んだ「ユグドラシル」のようで少し違う「異世界」で、たった一人で自身のギルドの拠点を守り抜くことになりました。
アインズ様が使役するのは、かつてギルドの仲間たちが作り上げたNPCたちです。彼らの強みをとことん活かして名声を高めるために村を救い、あるいは部下を使ってある王国を攻めつつも、それを救ったりするバーター的なことをしながら領土を広げていきます。勧善懲悪どころか「悪人」そのものです。
それを指揮するアインズ様も完全超人のように見せかけて、実際は賢すぎる部下の考えについていくことが精いっぱいだったりと、そういった面白いシーンが散りばめられています。

感想

この作品の魅力は「なぜこの異世界に迷い込んだのか?」「アインズ様以外にもプレーヤーが迷い込んでいる?」
「そもそも主人公が元いた世界が、普通とちょっと違う?」など様々な謎が存在しています。これらの謎はきっと無双状態であるアインズ様をこれから苦しめていくのではないでしょうか。

5位

じい様が行く

あらすじ

現代日本で平穏でまっとうな人生を生きてきた老人がいました。しかし強盗から孫を守る為に死亡してしまいます。その結果異世界へと転生する事となるのですが、なんと老人のまま(多少は若返ってるものの)転生する事に。これは本人が望んたものなんですが・・。こうしてお年寄りならではの考え方と神々から与えられた力で異世界を旅し、色々なトラブルへと巻き込まれていきます。

感想

老人視点ならではの異世界感が面白いですね。孫の相手をする為、お年寄りといえどもゲームに関する知識はあります。ですので異世界転生もすぐ受け入れました。ただお年寄りだからか、考え方が他の異世界作品とは違っています。老人ならでの知恵や対人術で異世界のトラブルを乗り越えていく姿が面白いです。

感想

ハーレム的な要素のなさが良いです。主人公のセイタローは神からチート的な能力を与えられており、異世界でもその能力で活躍します。となるとお金目当てのような女性陣が群がり、主人公をいいように利用してくる女性陣がいたりするんですけど、この作品にはそういうものがありません。セイタローは人の好い老人とはいえ、男女分け隔てなく優しく接しますし、女性の方も老人相手に色仕掛けを仕掛けてきませんし、男女の見苦しさのないのが魅力ですね。

感想

老人とはいえ、キッチリ異世界無双する点がいいですね。セイタローは穏やかな人物なれど、相手には厳しい。そして敵対する相手にはキッチリと制裁を加えます(最初は手加減をしますけど)。一応神から能力をもらっているので、その実力は普通の老人の域を超えており、かっこ良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です