【世界観が本当に綺麗】魔法使いの嫁 おすすめ異世界ストーリー

異世界、転生ファイル~その 8 ~

ebookjapanで試し読み!
魔法使いの嫁
ebookjapanで試し読み!

魔法使いの嫁 の評価

個性豊かなキャラクターたちが登場するのところが魅力の一つです。主人公の智世は、一見大人しくて感情が乏しい少女に見えますが、実は内面に豊かな感情を温めており、本当は他者の痛みが分かりすぎてしまう、優しい女の子。いきなり嫁取り宣言をしておきながら、どこまでも続くチセとエリアスのじれったい関係も魅力です。

スバル評価
総合評価
(4.0)

魔法使いの嫁 のあらすじ

主人公の羽鳥智世が、人間と人生に絶望しながらもエリアス・エインズワースとの出会いをきっかけに、さまざまな人間たちに出会い、心を取り戻してゆく話。普通の人間にはみえない生き物が見えてしまう特異体質のせいで、家族からも恐れられて、そんな現実に絶望していた智世。ある男に言われるがまま着いていった先は、闇オークションの取引会場でした…。

スバル評価 その1
ストーリー
(4.0)
登場人物
(4.0)
中毒性
(3.5)

読んでみた感想

タイトルになっている魔法使いは、智世を闇オークションから買い取ったエリアスです。初めの頃は、智世のことをある意味オモチャのように機械的に捉えていました。人の機敏が分からない性格でしたが、智世との出会いにより大きく変化してゆくところが素敵でホッコリします。

スバル評価 その2
面白さ
(4.0)
感動シーン
(4.5)
シリアルさ
(4.0)

魔法使いの嫁 の魅力

悲しみを抱えた人たちが智世たちの周りになぜか集まってきます。一度だけ見た妖精にもう一度再会したい男の人など、始めは非常に見えた妖精の人間への愛情だということが途中で分かるなど、毎回登場するキャラクターやストーリー、世界観が本当に綺麗なんです。

スバル評価 その3
爽快さ
(2.0)
チートさ
(2.0)
セクシーさ
(2.0)

※評価点数はスバル(管理人)評価となりますのでご参考までに見て頂けると光栄です。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です