【この異世界物は異端!】オーバーロード!元管理者の最強ぶりがヤバイ!

異世界、転生ファイル~その 12~

ebookjapanで試し読み!
オーバーロード
ebookjapanで試し読み!

オーバーロード の評価

異世界系の物語も随分とたくさん出てきましたが、面白い作品の共通の特徴として、世界観設定が重厚で考え込まれているというのがあると思います。
この作品は特に設定が細部まで考えられていて、異世界とゲーム時代の差異やその理由などを考察したくなるくらい面白いです。

スバル評価
総合評価
(4.0)

オーバーロード のあらすじ

DMMO-RPG「ユグドラシル」というネットゲームの有名ギルド長である主人公、モモンガは遣る瀬無い気持ちでサービス終了を一人で拠点の玉座の間にて待っていた。
ディストピアと化した近未来において、小市民であり灰色の青春を送ってきたモモンガにとってはユグドラシルは単なるゲームではなく生き甲斐であったのだ。
しかし、サービス終了を迎えても終わるはずの世界が終わらない。そればかりか単なるデータのハズのNPCたちが動き出し、モモンガは自分が未知なる世界に来たことを知るのだった。

スバル評価 その1
ストーリー
(4.5)
登場人物
(4.0)
中毒性
(4.5)

読んでみた感想

この作品は群像劇的な側面があり、主人公たちだけでなく異世界の人々についてもとてもしっかりと描写されます。
また、作品の特徴としてどんなに時間をかけてしっかり描写されたキャラクターでも死ぬときはあっさり死ぬので無情なダークファンタジー感があります。
古風なファンタジー作品感もあってとても臨場感を感じました。

スバル評価 その2
面白さ
(4.0)
感動シーン
(3.0)
シリアルさ
(4.0)

オーバーロード の魅力

何といっても主人公の中身と外見のギャップが生み出す勘違いが作品で一番の笑いどころだと思います。
サラリーマンなのに完全無欠の魔王様を演じることに主人公は何度も心折れそうになるのですが、何だかんだで周りは絶妙に上手く解釈してくれるので綱渡り状態ながら演技に成功し続けてしまうのです。
みんな紛れもなく真剣なのがとても良いシュールさを醸し出しています。

スバル評価 その3
爽快さ
(4.0)
チートさ
(5.0)
セクシーさ
(3.5)

※評価点数はスバル(管理人)評価となりますのでご参考までに見て頂けると光栄です。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です